a small,good thing
Sendai, Aizuwakamatsu-9
2009.04.15 Wednesday - comments(0)
塔のへつりからも程近い、大内宿。いきなり江戸時代にタイムスリップしたみたいな茅葺き屋根の集落だ。古い宿場町がこんなにきれいな状態で残っているとは。


用水路を流れる水でビールやラムネが冷やされていた。お土産屋のおばちゃんは、この水で食器やてぬぐいを洗っている。大内宿は美しい水の流れる町だ。名物の高遠そばを食べるようと一軒のお店を訪れたら、なんと1時間半待ちだった。先日、香川の某うどん屋で3時間半待った私は、それくらいなら待てると判断して観光しながら待つことにした。とりあえず、お茶をいただきながらだんごや、焼きたてのおせんべいを食べたりした。

待ちこがれた高遠そば。お箸を使わず、ネギ一本をうまく使って食べるのだ!つるつるしたネギで、つるつるしたおそばをひっかけるのは至難の業だった。しかも、そのネギをかじりながらおそばをすするので、ネギを飲み込む度に胸がムカムカしてくる。やっぱりネギは切るべきだし、適量というものがあると学んだのだった。


この日は夏のように暑かったのに、山深い会津はまだ雪が溶けずに残っていた。つくしがうじゃうじゃと生えていた。



絵はがきと切手を買い、切り株に腰掛けて手紙を書いた。ちびはようやく祖母に「就職しました」と報告。


茅葺き屋根の多くはお土産屋さんだった。そのすぐ裏側には普通の暮らしがあった。日曜、観光客で賑わう中、おじいちゃんとおばあちゃんが鍬を振り下ろしていた。


高遠そばの一本ネギにやられてムカムカするし、さらに車中はネギの臭いが充満している。そして、東北道は都心に向かう車が70kmも渋滞。夜中に佐野SAで佐野ラーメンを注文したら、具が生ぬるいレトルトだった。あんまりだ。ちびが注文したのは、よりによって納豆カレーで、付け合わせがらっきょう。狭い車中でこの臭いは迷惑だ。そんなこんなで、久しぶりにちびと長い時間を一緒に過ごし、生まれ育った福島を再発見した週末だった。
0904 仙台〜会津、2泊3日車旅
Sendai, Aizuwakamatsu-8
2009.04.15 Wednesday - comments(0)
福島の山奥に「塔のへつり」という観光名所があると知ったのは、つい1、2年前だ。福島にいた頃は聞いたこともなかったというのに、知ってからはずっと訪れたいと思っていた。お土産売り場では異様な瓶詰めがズラリと並んでいた。


塔のへつり。橋を渡ると崖っぷちに辿り着く。結構長い道のりを散策できると思っていたら、そこに歩くほどの道はなかった。なぜか崖っぷちをスリル満点で歩ける場所だと思ってた。


カメラを向けたら飛び込む人を演じ始めたちび。


橋の向こう側に虚空蔵菩薩様の祠があった。ちびも私も寅年で、虚空蔵菩薩様が守護仏。で、ここには呼ばれて来たのかもしれないと思った。ちなみに、虚空蔵菩薩様はうなぎに乗って空からやってきたとかで、寅年の人はうなぎは食べてはいけないんだとか。好きじゃないから自ら進んで食べたりしないけど。


しかし、なぜこんなに緑なのか。
0904 仙台〜会津、2泊3日車旅
Sendai, Aizuwakamatsu-7
2009.04.15 Wednesday - comments(0)
湯野上温泉駅にネコの駅長がいると思って楽しみにしてたのに、いなかった。駅員さんに「今日、ネコいませんね」と尋ねたら、「ネコがいるのは芦ノ牧温泉駅よ!」とのこと。通り過ぎてしまった!会津若松方面へしばし戻って、駅長のいる芦ノ牧温泉駅へ。

駅長、いた。


寝てた。


立派な駅長室もあるけど、きいろい座布団が定位置らしい。


一応、これで勤務中。


起きた。


起きた?


ひっきりなしに観光客がやってくる。たまに観光バスの団体さんまでやってくる。駅長は人間でいうと70歳。今日も駅で寝てるに違いない。いつまでも元気でニャー。
0904 仙台〜会津、2泊3日車旅
Sendai, Aizuwakamatsu-6
2009.04.15 Wednesday - comments(0)
会津鉄道はお座敷列車が走っている。しかも、お座敷でありながらトロッコで展望列車というなんともスペシャルな感じのローカル電車だ。その名も「お座トロ展望列車」。これにぜひ乗りたかったけど、車を置き去りにして後から取りに戻らないといけない。もしくは、到着駅までちびが運転してくれればとも思ったけど、あの子はペーパードライバーだから無理なのだ。助手席に乗ってるだけのちびに、この役立たずッ!と言いたくもなるってものだ。湯野上温泉駅は茅葺きの駅舎で、待合室のいろりは現役バリバリだった。


ちょうど電車がやってきた。


福島が誇る有名人、野口英世先生!(福島出身の有名人、他には加藤茶しか知らない)


芦ノ牧温泉南駅。一瞬どこが駅かと探してしまった。ホームに出てみたものの、桜はまだ咲いていなかった。無人駅で、当然切符売り場もない。駅の向こう側はダム!
0904 仙台〜会津、2泊3日車旅
Sendai, Aizuwakamatsu-5
2009.04.15 Wednesday - comments(0)
会津若松でぜひ見たいと思っていたのがこの「さざえ堂」。入り口から最上階へ行き、そこから出口まで人とすれ違うことがない。この小さな建物の中で、登る人と降りる人、なぜか別ルートなのだ。なんともキテレツかつ、美しい木造建築。


建物内には階段がなく、この螺旋のスロープが続く。



てっぺんに来た。ここから方向転換するでもなく自然と下りになる。登ってきたスロープを降りているような錯覚があるけど、てっぺんを目指す人の話し声とだけすれ違う。


二重螺旋構造ってこと?さざえ堂、構造が謎すぎる。ちなみに建築家不明。
0904 仙台〜会津、2泊3日車旅
Sendai, Aizuwakamatsu-4
2009.04.15 Wednesday - comments(0)
仙台から会津若松までは2時間半ほどで到着した。チェックイン後、ちょうどライトアップが始まった鶴ヶ城へ出かけた。高校生の頃、県大会で訪れた時にこの天守閣で新体操を踊ったのだった。ああ、懐かしの鶴ヶ城。


桜はまだ半分も咲いていなかった。それでも桜に包まれたお城は幻想的で浮き足立ってしまう。
この写真、なぜかちびが亡霊のように透けてしまった。


一人旅ならもっといい温泉宿に泊まりたかったが、ちびに贅沢をさせるのは教育上よくない。というより、どこか腑に落ちないというか、腹立たしい。なんなら、ちびには寝袋を渡しても良かったのだが、そういうわけにもいかず。

ごはんだけは地元のものをおいしくいただきたい!というわけで、会津若松市内からもほど近い東山温泉のこの宿に決めた。懐石風の食事を限界まで食べ続け、温泉に入り、家計簿を付けたり、翌日のプランを練る横で、ニコニコ動画に夢中の弟にガッカリした。会津に来てまでニコニコ動画を見なくてもいいではないか!(久しぶりのインターネットが楽しかったらしい)
0904 仙台〜会津、2泊3日車旅
Sendai, Aizuwakamatsu-3
2009.04.15 Wednesday - comments(0)
4/11(土)の朝ごはんは、ずんだ餅とヨーグルト。そして利休の牛タン。
胃がびっくりした様子を隠せないまま、電力ホールへお芝居を観に行った。


仙台に来たのはTEAM NACSのお芝居を観るためだった。東京、名古屋、福岡のチケットを申し込んで全部ダメだったので、ほとんど諦めていたけれど、ギリギリのところで思いがけず譲ってもらえたのだった。

前回の「HONER」もちびと一緒に見たので、今回の「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」も連れてきた。喜怒哀楽を表現することが極めて下手くそなちびが、観劇後に私の隣りでアンケートを書いている。高校生の頃は、思ったことを言葉にできずに、最後には泣いてたくせに!ちびの成長を垣間見た気がした。お芝居では、20年前にいなくなった兄が突然帰ってきたが、うちの兄は15年くらい前にいなくなってそれっきりだ。なんとなく、車中でそんな話をした。

マーブルロード発見。



観劇後、すぐに仙台を後にして会津若松へ。福島で生まれ育っていながら、会津にはあまり縁がなかった。というのも、太平洋側から盆地の会津に向かうには、仙台〜郡山を経由するか、いわき〜郡山を経由するしかない。福島県内といえども、4時間以上かかるのだ。高校生の頃、部活の県大会で訪れた記憶はあるが、観光らしい観光は今回が初めてだった。ちびにとっては、初めての会津だ。


磐梯山が見える磐梯山SAで、喜多方ラーメンに誘惑された。しかし、宿の夕食が待っているので我慢。それ以前に、朝の牛タンがなかなか消化されない。
0904 仙台〜会津、2泊3日車旅
Sendai, Aizuwakamatsu-2
2009.04.15 Wednesday - comments(0)
4/10(金)18:30、仕事を終えたちびを迎えに行き、そのまま仙台へ。「いきなり黄金伝説」でギャル曽根が高速道路のSAで死ぬほど食べまくっていたのをなんとなく見ていたので、夜ごはんは上河内SAの宇都宮餃子に決定。


食後にとちおとめソフト。今まで食べたソフトクリームの中で上位3位に入るうまさ!


安達太良SAでいも小町。これは熊本で食べたいきなり団子に似てた。


姉弟揃ってずんだ餅には目がないので、就寝前にずんだ餅。
翌日、起床後おもむろにずんだ餅。
0904 仙台〜会津、2泊3日車旅
Sendai, Aizuwakamatsu-1
2009.04.15 Wednesday - comments(0)
香川うどんの旅から帰って間もない4/10、今度は仙台〜会津若松を走った。2日間で1500kmを走った前回に比べると、東京〜仙台500kmの道のりはわりと楽勝だった。疲れない運転の姿勢とか、腕が痛くならないハンドルの持ち方とかがわかってきたし、今回は助手席にちびがいたので、思ったことを全部言葉にできたことも退屈解消になったのかもしれない。

このネコは、芦ノ牧温泉駅の駅長
芦ノ牧温泉駅の駅長


【FIAT500 MEMO】
●高速道路代
東京大泉〜仙台宮城 1500円
仙台宮城〜会津若松 1000円
白河〜東京大泉 1750円
--------------------------
合計 4250円

●ガソリン
2875円(@125×23l)
2976円(@124×24l)
--------------------------
合計 5851円

●駐車場
仙台  :ホテル1泊 1500円
仙台  :日中 1000円
会津若松:鶴ヶ城 200円
--------------------------
合計 2700円

●走行距離 902.6km
●平均燃費 19.5km/l

より大きな地図で 0904-宮城、仙台 を表示
0904 仙台〜会津、2泊3日車旅
1 / 1
[ - ]  RSS1.0 / Atom0.3
ENTRIES
TWITTER
CATEGORY
ARCHIVES