a small,good thing
マンチェスター・ユナイテッド vs QPR -6
2013.01.04 Friday - comments(0)


ずぶ濡れのままホテルに戻り、トランクを受け取ってすぐタクシーに乗った。もうケチったりしない。運転手のおじさんは、私がこれからロンドンに行くことを知って、「このエレベーターで上に行きなさい」と、マンチェスター・ピカデリー駅のベストな場所で降ろしてくれた。

駅構内の自販機でロンドン行きの切符を買った。終電よりも1本早い電車に乗り、ホッとして焼きたてのパニーニをかじっていると「そこ私の席なんだけど」と、指定券を持った人がやってきて席を譲ることになった。自販機では指定券が買えなかったので、自由席に座っていたのだが、その席も指定券を持った人が当然座る権利がある。1等車以外の車両を転々としたところで、どこも超満員だった。

そんなふうにして、ロンドン行きの満員列車の連結部分には、半ば追い出されてしまった日本人がたまっていた。本当に、日本人ばかり!しかも、雨に打たれて具合が悪そうな人ばかり。こんなことなら長蛇の列に並んででも、窓口で指定券を買えばよかった。それに、もしかしたら自販機でも指定席を買う方法があったのかもしれない。とにかく、空席が出なければ2時間半は立ったままだ。(後から調べたところ、前日の18:00までに窓口で指定券を買うのがベストだと知った。)

赤いユニフォームを脱ぐタイミングを逃して、そのまま乗車していた。隣りのお兄さん二人は白いアウェイユニフォーム。前にいる男の子はファン・ペルシのユニフォーム。ロンドンに帰るQPRサポーターに鼻で笑われても、こちらの方が仲間が多いのだ。

お兄さんたちは、スーパーで買った缶入りのウイスキーを次々と空けていき、酔ってずっと冗談を言い合っている。彼らはシーズンチケット持っていたので、試合ごとにこうして二人で小さな旅をしているのだろう。せっかくウイスキーを勧めてくれたのに、飲めないからと断った私はダサすぎた。私のユニフォームが26番だと知ると、「今日は残念だったね、シンジはいい選手だよ」と声をかけてくれた。そして、シュンスケ・ナカムラ、シンジ・オノもいい選手だと続けた。彼らは背番号なし。「まったくつまんないヤツだよ!」「オマエもな!」と言い合ってまた大笑いしている。白のアウェイユニフォームを選ぶあたり、ちょっと変わった二人なのかもしれない。ゴールキーパーの「DE GEA」の正しい発音を何度も繰り返してゲラゲラ笑い合っている。日本語では「デヘア」と三文字の発音だが、「ヘ」の発音が喉にひっかかるように言うらしい。おじさんが痰を吐くときの「カーッ!」というあれだ。「オマエもやってみろ!」と言われて、3人でしばらく「DE GEA」を繰り返していた。変なの。「デ・ヘアはオランダ人?ドイツ人?」と聞いたら、スペイン人だった。

彼らはユナイテッドのいろんなことを教えてくれた。「今日の3ゴールは、チチャリートとあと二人誰だった?」と聞くと、「フレッチャーとエヴァンスだ!」と即答。プログラムに載っているレジェンドたちについて解説してくれたり、私がスタジアムで撮った写真を興奮しながら一緒に見たりした。彼らの言ってることは半分もわからなかったけど、笑い合ってぐだぐだやっていると時間が早く過ぎていった。ロンドンに到着する少し前、「また来いよ、今度こそカガワを見に!」と言う二人と握手。さよならした。結局、座れたのは到着までの30分ほどだった!

ロンドン・ユーストン駅に到着したのは22:00過ぎで、駅のそばに予約していたホテルに到着するまで結局ユニフォームは着たままだった。試合に負けていたら、すぐに脱いだのだろう。トイレもシャワーも共同の安宿は、床がだいぶ傾いていた。シャワーを浴びて薬を飲んだ。今、風邪をひくわけにはいかないのだ。明日はチェルシーのホームスタジアム、スタンフォード・ブリッジでチェルシー対マンチェスター・シティを見る。
1211-マンチェスター
マンチェスター・ユナイテッド vs QPR -5
2013.01.03 Thursday - comments(0)
試合中に降り出した雨は、その後も止まなかった。サウススタンドとウエストスタンドの間には、選手のサインをもらおうとファンが集まっている。それを横目にメトロリンクの駅へと向かった。これからホテルで荷物をピックアップして、終電までにロンドンに向かうのだ。まだ時間に余裕はあったけれど、冷たい雨に打たれながら1〜2時間、選手が出てくるのを待っていたら確実に体調を崩しそうだった。それに、いくら待ったところで香川真司は出てこない。

スタジアムから駅までは徒歩15分ほどで、折りたたみ傘をさして歩いた。ところが、駅からだいぶ手前で人の流れは止まってしまった。8万人近い人が一斉に帰るのだから仕方のないこととはいえ、先が思いやられた。満員電車並みの人ゴミで雨に打たれる人々の苛立ちは増していた。そして、その矛先が私に向けられていく。傘が邪魔だというのだ。他にも傘を差している人はいたけれど、ちびの私は周囲の人に迷惑をかけていたようだ。

ここはスタジアムの外だから、傘を差すのは悪いことではないと思う。むしろ、「傘を持ってこなかったの?」と思う。だけど、右の女性が私の傘を掴んで「邪魔だ」と言う。左からも、「傘の雫が冷たい」と言われる。後ろからも傘を叩かれる。前の人も迷惑そうに振り返る。周囲に傘を差した人はたくさんいるのに、私だけが責められているような状況だった。八方ふさがりだ。周囲を気遣って、傘をちょっと高くさしても同じことだった。

傘を閉じようと思ったのだが、私の折りたたみ傘は、全自動で開くだけでなく、閉じるときもボタン一つでバサッ!と閉じるハイテクなものだった。この人混みの中では、傘を下に向けることもできず、苦肉の策で傘を頭上高く掲げて、手元のボタンを押した。それがさらに悲劇を呼んだ。私の傘は勢いよく閉じて、周囲に雨粒が飛び散った瞬間、「オーマイガー!」「この野郎!」「あの日本人!」「馬鹿野郎!」と罵声が響いた。なるべく大きな声で「I'M SORRY!!!」を言っても、怒りは収まらず、その後メトロリンクに乗り込むまでの40分以上、雨に打たれながら、周囲から冷たい視線を浴びることになった。松葉杖なしで歩けるようになって3週間、立ちっぱなしで足は痛み出すし、寒くて体の震えが止まらない。なによりも、傘を持っているのにずぶ濡れ。泣きたいのを堪えながらメトロリンクを待っていた。

試合は勝ったけれど、初めてのプレミアリーグ観戦はこの傘事件で後味の悪いものになった。「オールド・トラフォード駅」ではなく、隣りの「トラフォード・バー駅」から帰ればこんなことにはならなかったのか。もしくは、選手のサインをもらってからの方が、混雑は避けられたのかもしれない。「傘が邪魔だ」と言われたら「あなたも私の傘に入って!」と返すくらいの強さがないといけない。タフでなければ旅はできないが、欧州サッカー観戦は旅する以上にタフでなければ楽しめない、ということをこの先まだまだ身をもって知ることになるのだった。

それでも、オールド・トラフォードの凄さは肌で感じた。同じ目的のサポーターと乗車するトラムの雰囲気、駅からスタジアムまでの道のり、そしてスタジ アムが見えてきたときの感動。緑が見えたあの瞬間。その緑を360度人が囲む。あの中でいつも香川真司は戦っている。猛烈に叫びたい気持ちをずっと我慢していた。






P.S. 12/29、ウェスト・ブロムウィッチ戦でこのオールド・トラフォードに香川真司が帰ってきた! 自宅でこのユニフォームを着て観戦したのは言うまでもない。復帰、おめでとう。
1211-マンチェスター
マンチェスター・ユナイテッド vs QPR -4
2013.01.03 Thursday - comments(0)
遂にきた!オールド・トラフォード!


KAGAWAのユニフォームを見るとうれしくなる。


選手が走って登場するこの瞬間がすごく好き。ルーニー、ファン・ペルシ、チチャリート!ナニ、ラファエル、ファーディナンド、スコールズ、選手を見つける度にテンションがあがる。


香川真司加入後、アーセナルからファン・ペルシも移籍してくると聞いて、香川の出番が少なくなるのを懸念したけれど、今となっては彼がいなかったらこのチームは今首位にいないかも、と思う。またルーニ−、香川、ファン・ペルシの黄金トリオが見たい。






私の席のすぐ後ろはガラスの小部屋があって、VIPたちがぬくぬくと観戦できるようになっていた。そのVIPが時々カメラを片手にベランダに出てきて記念写真を撮っている。私の座席もキックオフ直前には通い慣れた風のおじさんたちに囲まれて、熱気を帯びてきた。座席の幅よりも、おじさんたちの方が横幅が広いのだ。両肘がぴったりとくっついているが、明らかにブンデスリーガとは違った雰囲気だった。なんというか、「女子供の来るところじゃねえ!」という空気が感じられる。もちろん、女性も子供もいないわけではないけれど、女一人は見かけなかった。しかも、アジア人だ。目立たないわけはないのだが、ドイツのように「遠くからよく来たね」という微笑みは皆無だった。ぴったりとくっついた両隣りのおじさんも、私をチラリと見ただけで言葉を交わすことはない。なんとなく、居心地の悪さを感じた。「サッカーが好きで見に来た」というだけなのだが、この中に一人はちょっと厳しかった。せめて、隣りに日本人がいれば、多少は気が楽だったかもしれない。




ロンドンからの応援団。アウェイ席は青い。


ベンチに香川の姿はない。ベンチ外の選手は、試合開始後にスタンド席にやってきて観戦し、試合終了直前にスタジアムから出ていくと聞いた。この試合もまた香川はスタンド観戦していたらしい。その姿を見つけることはできなかった。


試合中、雨が降ってきた。


このところいつもユナイテッドは相手チームに先制される。後半すぐに1点入れられると、客席から「まただよ!」という声が上がった。それでも、なんだかんだ勝つのがユナイテッドだ。試合は3-1で勝利!

歓声に湧いたスタジアムも、あっという間に静寂に包まれる。祭りの後は淋しい。

1211-マンチェスター
マンチェスター・ユナイテッド vs QPR -3
2013.01.03 Thursday - comments(0)
スタジアム横にある通称「ミュンヘントンネル」を抜けたところに人だかりができている。どうやら選手バスがここに入ってくるようで、みんなカメラを片手にその到着を待っている。私もしばらく待ってみたけれど、何台か入ってくる車やバスが空振りだったので、少しずつ人数は減り、私も退散した。試合後はここが選手のサインをもらう絶好ポイント。

スタジアム北側「Sir Alex Ferguson Stand」の入り口に、ファーガソン監督の銅像ができて、ちょうど昨日が除幕式だった。もう少し早く到着すればぜひ私もその様子を見に行きたかった。当日はファーガソン監督はもちろんのこと、ユナイテッドのレジェンドたちも大集結したようだ。かつて在籍したクリスティアーノ・ロナウド、ベッカムもビデオメッセージで祝福し、空には虹も出た。そこに香川選手の姿もあったとあとから知った。

この銅像をひと目見ようと行ったり来たりして、結局見つからずに近くにいたスタッフに聞いた。とはいえ、相変わらずの語学力。「きのう!ファーガソンのブロンズ!それが見たい!」あとはジェスチャーで。首を傾げながらもスタッフの方は「Is it statue of Sir Ferguson?」とかなんとか言いながら、その場所へ連れていってくれた(Bronzeではなく、Statueが正解)。写真を撮る人で溢れる中、試合前の腹ごしらえでフィッシュ&チップスを食べた。

グッズを売っているメガストア内は人種のるつぼだった。またここに戻ってくるために26番のユニフォームを買った。


1211-マンチェスター
マンチェスター・ユナイテッド vs QPR -2
2013.01.03 Thursday - comments(0)
人の波に乗ってオールド・トラフォードへ向かう。巨大なスタジアムを目にした途端、あまりの迫力と、香川選手が改めてとんどもないチームにいることに、急に感極まって涙が溢れてきた。「夢の劇場」「フットボール界最高のスタジム」と言われる理由を肌で感じて、ちょっと取り乱してしまった。ここで毎試合、8万人近いサポーターに囲まれてプレーするユナイテッドの選手のメンタルはちょっと想像もつかない。どんな選手でも、ここでプレーするときは萎縮するという理由も納得する。凡人の私にとっては、目にしただけで足が震えるレベルのスタジアムだった。

サッカーを見始めてまだ1年未満だし、プレミアリーグは前シーズンの最終節を見たのが最初だった。5/13、マンチェスター・シティ vs QPR、勝てばシティの44年ぶりのリーグ優勝。同時にユナイテッドも試合中で、試合経過から誰もがユナイテッドの優勝を確信していた。ところが、ロスタイムにシティが2ゴールを決めて、大逆転!号泣した。多分、今まで出会ったどんな傑作映画よりも泣いた。

ブンデスリーガに加えてプレミアリーグからも目が離せなくなり、私は今ここにいる。香川選手加入後のユナイテッドの試合は、プレシーズンマッチを含めてほぼ全試合かじりついて見ていた。映画「ミュンヘンの悲劇」も見た。都内で開催されたユナイテッドファンのミーティングにも参加させてもらった。少しずつ高まってくる熱はまだ冷めるどころか上昇している気がする。もうすぐ試合が始まる。

1211-マンチェスター
マンチェスター・ユナイテッド vs QPR -1
2013.01.03 Thursday - comments(0)
2012/11/24
プレミアリーグ2012-2013 第13節 マンチェスター・ユナイテッド vs QPR
@オールド・トラフォード 15:00 KICK OFF

プレミアリーグの首位と最下位の試合なので、勝って気持ちよく帰りたい。たとえ香川が出なくとも!マンチェスターで試合がある日は、町中のホテルが安い順から満室になっていく。のんびりしていたら、私が宿泊できるような安宿は一軒もなくなってしまった。あのクレイジーなホテルでさえ満室だった。一泊2万円出すくらいなら、ロンドンへ移動して安宿に宿泊しようと、終電までに電車に乗り込むことにした。町をろくに歩きもせずにロンドンへ向かうのは、後ろ髪を引かれる思いだが、きっとここへはまた来るだろう。 朝、ホテルに荷物を預けて少しだけ町を歩いた。



1211-マンチェスター
フライデーナイトフィーバー
2013.01.01 Tuesday - comments(0)
そこはどこからどう見ても英国パブで、建物を一周してみたところでホテルの入り口は見当たらなかった。それでもホテル名とこのパブの名前は一致しているし、住所もここに間違いない。薄暗く、爆音がかかる店内に入るのは勇気がいるが、他に選択肢もない。陽気なイギリス人で溢れるパブに、大荷物を抱えた私はいかにも場違いだった。人をかき分けてバーカウンター越しに「IS HERE HOTEL?」と聞くと、黒づくめでピアスを光らせたお兄ちゃんが「そうだ」と言う。半信半疑で予約してあることを伝え、支払いを済ませると、2Fの部屋へと案内された。

さっきまでカウンターの向こうでお酒を作っていたお兄ちゃんは「何かあったら俺を探してくれ!」と、親指立ててイエーイ!とやってみせた。呆気に取られていたら、もう彼の姿はなかった。ネットのパスワードを聞くタイミングもないままに。またあの騒々しい1Fのバーに踏み込まないといけないと思うと、気が重かった。

暗い店内でさっきのお兄ちゃんを探し出して、WIFIのパスワードを聞く。私のiPhoneを手にパスワード入力を試みるも日本語に拒否反応を示してあっさり挫折した模様。メモしてくれることになったが、ボールペンのインクが出ず、ボールペンを地べたにバーン!と投げつけた。彼はいつもこうなのか?今日は特別機嫌が悪いのか?私がこの町で最初に接した人物がこのお兄ちゃんだったことで、マンチェスターの印象は強烈なものになっていく。


爆音で声が聞き取れないほどのこのバーカウンターでホテルの宿泊手続きをした。衝撃!


限界まで疲れ果てて体中が痛い。うまくいかないときは、何をやってもうまくいかないもので、イギリスのコンセントプラグが「C」ではなく「BF」だと知って、撃沈した。 変換プラグがなければ、充電ができない。バッテリーを使い切ったら死亡確定。そのことをツイートすると、マンチェスター市内にもApple Storeがあることと、Apple World Travel Adapter Kitがあれば、MacとiPhoneの充電ができると友人が即レスしてくれた。そして、世界中どのプラグ形状にも変形する万能プラグを一つだけ常備していたことに気づいて救われた。

私の部屋はまるでクラブの控え室のような騒々しさで、下の階から重低音が鳴り響き、悲鳴に似た笑いと叫びが聞こえてくる。よほどの神経でなければ、眠りにつくことは不可能なほどだった。窓の外からも陽気な歌声が聞こえてくる。この町はいつもこうなのか。もしかすると、1Fのパブで酔い潰れて帰宅困難な客がそのまま泊まっていくためのホテルなのか、と思えてきた。

おなかが減ったがごはんを食べに行く力がもう残ってない。それでも重い体を引きずって、町へ出た。マンチェスターは想像以上に都会で、夜遊びする人で溢れていた。ビール片手に助手席から女の子を物色する男たち。寒空の下、ノースリーブの女性。キスしながら歩くカップル、香水とタバコの匂い。ようやくスーパーを見つけて、夜ごはんを調達する。といっても、まったく食欲のそそらない冷たいサンドイッチと野菜不足を補うためのサラダ。そして、酔った勢いで寝てしまおうと、ワイングラス型のプラスチックに入った赤ワインを買った。

浮かれた町、マンチェスター。香川真司はこの町で暮らしているのかとしみじみ思う金曜の夜だった。


1211-マンチェスター
さまよえるマンチェスター
2013.01.01 Tuesday - comments(0)
イングランド入国の際、目的を聞かれてとっさに「サッカーゲーム見る」と答えたら、「おい!それはアメリカの言葉だぞ。フットボールと言え。フットボールだ!そうだ!フットボールだ!」とフットボールの言い合いっこになった。フットボール発祥の地で「サッカー」と言ってしまった私が悪い。そういえば、試合はgameかmatchか、この国ではどちらが正しいのかもわからない。「カガワか?」と聞かれて、大きく頷いた。この町では、ユナイテッドとシティ、どちらを応援するかが重要なポイントなのだ。香川選手はどんな気持ちでこのゲートを通ったのだろうと想像するだけで心が震えた。世界中の注目を浴び、期待されるプレッシャー。24歳の若者が怖くないわけがない。とにかく、私もとうとうマンチェスターにやってきた。





19:41発のリバプール行に乗り込んだ。マンチェスター・ピカデリー駅には確実に止まるはずだが、各駅とか急行がよくわからないので、15分で着くのか1時間かかるのかがわからない。本当ならもうホテルに到着しているはずだったので、気持ちが焦っていた。そもそも飛行機の出発も到着も遅れた上に、まず入国前にパスポートをなくした。結局、カバンの中から出てきたけれど、既に周囲に人気はなくなっていた。

その後、全然違うターンテーブルで自分の荷物が出てくるのをひたすら待っていた。「6番」のターンテーブルだけは別室にあって、その部屋の存在に気づいたときには、既に回転の止まったターンテーブルに私の赤いトランクがポツンと取り残されていたのだった。

さらに、駅構内でSIMカードを調達しようと、お店のお兄さんとやりとりしているうちに、どういうわけか自分のトランクの存在をすっかり忘れてしまい、なんと、レジ前にトランクを置いたまま空港を出てしまったのだ。そのことに気づいてお店に戻ると、店員さんが血相を変えて私を探していた!相当疲れていたのだ。

時計の針をまた1時間戻し、ユーロを少しだけポンドに両替して、空港から市内へ。腰が砕けるほどに重いトランクを引きずってメトロリンクに乗り換え、ホテル最寄りで降りた後も迷いに迷った。こんなことなら、空港からタクシーに乗ればよかったのにと思う。なぜか映画館の中を通り抜け、長い石段をトランクを引きずるようにして降りて、しばらく歩いたところにようやくホテルらしきものを見つけた。ホッとしたのも束の間、ここは旅の疲れが増すほどにクレイジーなホテルだった。

1211-マンチェスター
via Stockholm
2012.12.31 Monday - comments(0)
雲の上はいつも晴れている。ヘルシンキからマンチェスターへ、ブリティッシュエアの直行便だと19,840円。3時間でスイッと着く。一方、スカンジナビア航空のストックホルム乗り継ぎ便は、11,581円。4時間25分かかる。ケチって、乗り継ぎ便にした。ストックホルムへ向かう飛行機の中で、オールド・マーケットホールで買ったハート型のパイを食べた。甘くない源氏パイのようなお菓子だった。短いフライトにも関わらず、ミルクティーが出た。普段、ミルクティーを1日1リットル以上飲む私にとってうれしいサービスだった。

明日の試合に、香川選手は出場しない。そのことを知ったのは、日本を出発する前日だった。ファーガソン監督が会見で「復帰まであと3〜4週間かかる」と名言したのだ。ひどく脱力した。私は何しにマンチェスターに行くのだろうと。綿密に計画を立てて、マンチェスター・ユナイテッドの試合を1週間で2試合見るべく、チケットも手配済みだった。しかし、香川真司は出ない!監督が会見で話したことは情報戦の延長で、実際には出場することもある。ただ、今回は報道の経緯を見ても、確実に出ない。マンチェスターに向かってはいるけれど、香川真司のサッカーは見れないのだ!うわーん!泣きたかった。


そもそも今回の旅の最大の目的は、マンチェスターで香川選手の試合を見ることだった。6月に噂されていたユナイテッドへの入団が決まったときに、絶対マンチェスターで香川真司を見る!と決めた。10/23のチャンピオンズ・リーグ、ブラガ戦は、いつものように夜更かしして見ていた。スライディングして左ひざを痛めてしまったシーンで一瞬ヒヤリとしたけれど、プレイを続行したので、大したケガではないと思っていた。それがまさか2ヶ月の重症だった。

マンチェスター行きの機内に、赤いマフラーをした人がいた。明日の試合を見に行くのだろう。ストックホルムから2時間、しかも東京ー大阪間よりも安く行けるマンチェスター、これはサポーターなら通ってしまうだろう。羨ましい限り!

マンチェスター、ここへはまた来なければならない。


1211-マンチェスター
1 / 1
[ - ]  RSS1.0 / Atom0.3
ENTRIES
TWITTER
CATEGORY
ARCHIVES