a small,good thing
<< らせん階段 | HOME | ハイテク物件 >>
全部リクシル!
2016.01.18 Monday - comments(0)
2015/10/16

住所は潮来でもなく、神栖でもなく、鹿嶋にこだわりたかった。そして窓や住設機器に関しても、いくつかの選択肢があるのなら、LIXILを選びたかった。鹿島アントラーズの胸スポンサーはLIXILなのだ。たとえば、鹿嶋にポラス(浦和レッズの胸スポンサー企業)で家を建てる人はまあ少ないだろう。そういう理由だ。ただ、去年設計契約を破棄した女性建築家のAさんは、私のこの意見を全然受け入れてくれなかった。いくら「LIXILさんでお願いします!胸スポンサーさんなんです!」と言っても、「いいえ、この窓はYKKにします」といって譲らなかった。いくらサッカーに興味がないとはいえ、施主の意見より自分のデザイン優先で、まったく話にならなかった。

Aさんとしては、YKKじゃないと実現できない美しいデザインに設計したのだから、施主といえども素人が私の設計を却下するのは許さないという強気な態度だった。「ガラスとガラスが直角に繋がる部分にどうしても柱を入れなくないから、ここはYKKじゃないとダメなの」という主張は、私にとっては正直どうでもよかった。むしろ、そんなデザインは却下してでもLIXILにしたかった。だってそうでしょう、鹿嶋でYKKはないでしょう!

こういう事案が300はあったと思う。設計は私の思うようには進まず、Aさんの好みで進行していった。どうしたら私の意見を聞き入れてくれるのかと随分とくだらないことで悩んで、悩んで、悩んで、打ち合わせを重ねるごとに自分が住みたい家じゃなくなっていった。そんな時期に、現場のご近所にあるビストロノリーナさん(おいしい洋食屋さん)でオーナーさんと話をする機会があった。「ノリーナさんの窓ってYKKですか?」と聞くと「うちは全部LIXIL!」と即答だった。

「うちは全部リクシル!

私もそう言いたい。
せっかく鹿嶋に家を建てるのだから、うちも全部LIXILと言いたい!

契約破棄した後、今建築中の家の窓は、私の願いが叶って全部LIXILになった。建築家の宇野さんが「ていうか、LIXIL以外に選択肢あるの?一般住宅 の窓って言ったらシェアの5割以上はLIXILで、わざわざLIXIL以外選ぶ理由はどこにもない。安いし。」と言って、私が大いに悩んでいたあの頃は一体なんだったのだと思うほど、あっさりと私の望みを叶えてくれた。


うちはトイレもキッチンもLIXIL様。当然です。
a small, good thing
COMMENT
コメントする









/
[ - ]  RSS1.0 / Atom0.3
ENTRIES
TWITTER
CATEGORY
ARCHIVES