a small,good thing
楢葉のこと
2015.09.10 Thursday - comments(1)
2015/9/5、楢葉の避難指示が解除になった。
福島県楢葉町の避難指示、4年ぶり解除
(CNN) 政府は5日、2011年に起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故で避難指示を出していた地域のうち、福島県楢葉町の避難指示を解除した。共同通信が報じた。
楢葉町は福島第一原発から約16キロの距離にある。同町の避難指示が全自治体規模で解除されるのは事故後初めて。同原発は東日本大震災の津波で炉心溶融事故を起こし、政府が半径20キロ圏内の地域に避難指示を出していた。
共同通信によると、楢葉町では除染作業が進んだことにより、放射性物質の濃度が許容できる範囲まで低下したと政府は説明している。
これまでにも一部地域で避難指示が解除されたことはあったが、町の住民全員に対する避難指示が解除されるのは今回が初めてだという。
楢葉町では4月以降、日中の帰宅は認められていた。5日からはこの制限も解除される。
ただ、約7400人の住民のうち、どの程度が帰宅するかは不明だと共同通信は伝えている。
http://www.cnn.co.jp/world/35070039.html

家に帰れるようなったとはいえ、実際に帰る人はまだまだ少ない。コミュニティが壊れてしまって人がいない上に、治安も悪い。人間らしい健全な生活をするのはまだまだ厳しい。

8/15、ばあちゃんちの前に差しかかると、店のシャッターが少し開いていた。人気のない町で、人の気配がする。警戒して回り込んでみると、ノイズ混じりのラジオが鳴っていて、そこにおじさんがいた。おじさんは母親の弟で、痛んだ家と倉庫を行ったり来たりしながら、大がかりな片付けをしていた。倉庫が取り壊しになるので、中を空っぽにしなければならないのだ。お酒やメーカーの景品、資材や雑貨で溢れていた倉庫が、だいぶ片付いていた。

家の方もだいぶ痛んでいて、お店は天井が剥がれ落ちている。酒屋の面影は、もはや庭のビールケースやショーケースくらいだ。そのビールケースをばあちゃんがご近所さんの家に運びたいという。私の小型車に5ケース詰め込んで、ばあちゃんのお友だちの家へ向かった。家がよく手入れされているので、ここには人が戻るんだなとわかる。ビールケースは庭仕事で使いたかったようで、とても喜んでくれた。福島第二原発にお勤めで、この日はお休み。明日は24時間勤務だと話していた。

ばあちゃんちのお隣さんの家も、よく手入れされていたから、解除になったら戻ってくるのだろう。向かいの家は、更地になっていた。その向こうにあった牛小屋のある家もまた更地になっていた。牛もニワトリも、この町からは消えてしまった。ばあちゃんは避難するときに、猫を置いてきたことをずっと思い続けている。夕方6時になると、野良猫がエサをもらいにやってくると聞いて、ばあちゃんはその猫の姿をしばらくの間探した。


郵便ポストは今もまだブルーシートでグルグル巻きになっている。宅急便は、この町に荷物を届けてくれない。水が出るようになったのはうれしかった。ただ、除染していない木戸ダムの上澄みを使った水道水は、安心して飲めるものではない。それでも4年が経って水が出るということが、とてもうれしかった。

この町の思い出が、少しずつ消えていく。4年も経つと、いちいち泣いてもいられないというか、みんなもう涙も出ないといった感じだ。今のこの町をひとことで言えば、不気味というのが相応しいかもしれない。個人的には、常磐線が楢葉の木戸駅と竜田駅を通るようになったことも、なんの意味があるのかと思うし、解除も復興しているように見せかけるための口実みたいに思える。

以前、この周辺を案内させてもらったときに、ある人が「日本にこんなところがあるなんて、信じられない」と話していた。「こんなところ」というのは、人間が立ち入れない場所、居続けたら死ぬ場所ということだろう。故郷をそんなふうに言われると、悲しい気持ちを通り越して、どんな表情をしたらいいのかもわからない。仮設住宅には心が壊れそうな人、壊れてしまった人がたくさんいる。我慢している人を見るのはいつも苦しい。


2015/8/15
a small, good thing
サッカーイヤー
2014.12.29 Monday - comments(0)
サッカー初観戦から3年が経った。2011年は1試合。2012年、14試合。2013年、20試合。そして、今年は36試合。シーズンチケットを買ったので、鹿島によく通った。東京から徳島まで車で応援にも行った。海外はブラジル、タイ、シンガポール。

一番強烈だったのは、やっぱりブラジルの試合。特にコロンビア戦。
一番泣くほどうれしかったのは、柴崎選手の代表初出場、初ゴールの試合。
一番笑いが止まらなかったのは、広島戦で5点取った試合。
一番忘れたいのは、天皇杯初戦ソニー仙台戦。
一番の衝撃はタイサッカー。
Jリーグ最終節は、どうしても、勝ちたかった。

応援する鹿島アントラーズ優勝の瞬間をまだ見ていない。ワールドカップでの歓喜も生きているうちに味わいたい。スペイン、ポルトガルのサッカーも見に行きたい。私のサッカー人生はまだまだ始まったばかり。



日の丸のハチマキを巻いて日本を応援してくれた異国の人々を忘れない。
a small, good thing
222
2014.12.29 Monday - comments(0)
大阪での代表戦の帰りは、のぞみ222で帰京した。
ひたちなか海浜鉄道の「ありがとう キハ222」感謝イベントに行った。
それがどうしたと思うかもしれない。
222だからこれはすごく特別なのだ!
 

a small, good thing
ピアス
2014.12.03 Wednesday - comments(0)
バンコクのホテルで待ち合わせた友人が、突然私にピアスとネックレスをくれた。数字の「7」の形をしたアクセサリー、柴崎選手を応援する私のために選んでくれたのだ。だけど、私の耳にはピアスの穴が開いていなかった。高校の校則で禁止されていたので、「卒業したらすぐにピアスとパーマだ!」と意気込んでいたが、結局パーマは笑っちゃうくらいに似合わず、ピアスに至っては人体に穴を開けるという行為が恐ろしくて、憧れのままになっていた。

「ピアスの穴、開いてなかったんだ、ごめんね」とつぶやいた友人の淋しそうな顔に背中を押されて、帰国後遂に皮膚科へ行った。穴の位置を決め、マジックで印を付け、先生がバチーン!と機械を使ってファーストピアスを刺してくれた。院内には二度、悲鳴が響き渡った。20年以上憧れ続けていただけに、違和感のある耳たぶが急に愛おしくなった。

3年以上生存確認できなかったちびと再会した記念すべき日、チタン製のファーストピアスを取ることにした。ちびは「ピアスの穴なんて10個くらい開けた」「寝ている間に、友だちにブスッとやられた」と余裕だった。鹿島でサッカー観戦したあと、食事をしたその席で4週間共にしたピアスを取ろうとしたが、これがなかなか取れない。隣で見ていたちびが、耳たぶの裏側にガッチリ固定されたキャッチを取ろうとするものの、ビクともしなかった。今まで感じたことのない痛みに耐えながら、しばらく格闘しているうちにポロリと取れた。急に耳が軽くなった気がした。

そのお店のオーナーさんが「トンネル貫通記念」として店内で販売しているピアスを一つプレゼントしてくれた。食事の席にはピアスの先輩が4人もいて、ピアスのつけ方を丁寧に指導してくれた。まっすぐ穴に刺しているつもりが、斜めに刺さっているようで、何度も何度も激痛が走る。そんなふうにして、大騒ぎしている様子をちびはぼんやり眺めていた。


こんな恐ろしい思いをして開けた穴も、放置しておくと塞がってしまうという。それでちびが「透明ピアスをしておけ」と言うので、深夜のドンキホーテに買いに走った。透明ピアスさえしておけば、寝ている間に穴が塞がることはあるまい。

毎日のように透明ピアスを外し、いただいたピアスを装着し、また透明ピアスに付け替える日々を送っている。まだ慣れなくて、3分でできることもあれば、片耳1時間以上かかることもある。斜めに刺しては激痛が走ってやり直し。とにかく、「7」のピアスにネックレス、そしてユニフォーム。これで応援はバッチリ!と思っていた矢先、柴崎選手の背番号がまさかの「20」に変更になってしまった...。

穴は開いたが7番じゃなくなってしまった。( ̄◇ ̄;)

Ayako Suzukiさん(@marble500)が投稿した写真 -

a small, good thing
Travel Map
2014.12.01 Monday - comments(0)

marble500’s Travel Map

marble500 has been to: Australia, Austria, Belgium, Brazil, China, Denmark, Finland, France, Germany, Hong Kong, Hungary, Indonesia, Italy, Japan, Macao, Netherlands, Russia, Singapore, South Korea, Spain, Sweden, Taiwan, Thailand, United Kingdom, United States, Vatican. Get your own travel map from Matador Network.

a small, good thing
タイのサッカー
2014.10.24 Friday - comments(0)


この3年でJリーグ、ブンデスリーガ、プレミアリーグ、セリエA、それからブラジルワールドカップと見て歩いた。今回のタイのカップ戦もまた、文化や国民性がスタジアムの内外から感じられておもしろかった。「タイのサッカーは選手がよく転がる」と言葉で聞くのと、実際に見るのとでは感じ方がまったく違う。試合中、本当によく選手がコロコロと転がっては試合が中断して、その都度「おいおいまたかよ!」という雰囲気になった。ゲームが続かないのは、やはり見ていて苛立つ。

私のような素人のサッカーファンがプロのプレーに対して大きなことは言えないのだが、それでも思うところは多々あった。最初はいつも見ているサッカーとの違いに戸惑ったりした。応援の仕方も新鮮で、特にブリーラムのサポーターは同じ振り付けで踊っているから見ているだけで楽しかった。一方、BECテロのサポーターは大人しく思えて、もっと声出していこうぜええええ!と言わずにはいられなかった。

カップ戦決勝だというのに、私たちがいたBECテロのエリアには、マンチェスター・ユナイテッドのユニフォームを着た人がいたりと穏やかムードで、一番熱を帯びている私たちは立ち上がって絶叫する度に視線を集めていた。以前、インテルの試合をゴール裏で見たときは、チームの応援というより、日頃の鬱憤を晴らすというか、社会に対する不満をもぶつけるようなエネルギーの爆発を感じたから、それくらい殺伐としたものがタイのスタジアムにも存在すると思っていた。決勝戦だから、ゴール裏は発煙筒で燃え上がるかもしれないし、その時は早めに席を移動して危険を回避しなくては!と、意気込んでいたけれど、至って平和な空気にちょっと拍子抜けしたほどだった。いや、サッカー観戦は平和なのがいい。

チケットは自由席で100バーツ(約350円)だった。試合前日、ここ1ヶ月くらいバンコクに滞在しているサッカー仲間が5人分のチケットを買っていてくれた。チケットも持たずに当日スタジアム入りするのは、とても恐い。もしもチケットが完売だったら、タイに来た意味がなくなってしまう。決勝戦だし人気チーム同士だから、とにかく前日にチケットを入手したかった。炎天下、チケット窓口に並んで買ってくれたたかちゃん、ありがとう。彼とはブラジルで3回くらい遭遇し、その後札幌の代表戦でも遭遇し、バンコクで再会した。スタジアムに行けば、誰かに会うというのもサッカーのおもしろさのひとつだ。



ハーフタイムに友人が買ってきてくれたミネラルウォーター。オレンジジュースもこのスタイル。ストローで飲む。冷えてはいない。下に置けないから一気に飲むしかない。タイのサッカーといえば、今後まずこれを思い出すだろう。
a small, good thing
祝杯
2014.10.24 Friday - comments(0)
初めてバンコクを訪れたときに、思いの外長居した場所がある。それが、ホテル「バンヤンツリー」の屋上にある「Vertigo」だ。地上61階から見るバンコク市内の夜景が素晴らしい。カップルや友人同士が多い中、あのときは一人でナンパされることもなくお酒を飲んだ(笑)。雨は降っていないのに、数分に一度の頻度で稲妻が空を切り裂くのを興奮しながら見ていた。

試合のあと、みんなをここに誘った。高級なバーだから祝杯を一杯だけ飲んで、食事は屋台へ行こうと(笑)。みんな賛成してくれた。

高級リゾートホテルだけあって、入るときに確かドレスコードがあったと記憶していた。エレベーター前でも、レストランに向かう階段手前でも、何度かチェックがあった。ところが今回は、5人全員お揃いのBECテロの赤いTシャツを着ていたにも関わらず、まったくもって問題なしだった。「ここのホテルマン、みんなテロのファンなんじゃないの?」とか言い合いながら、屋上に上った。

バンコク最後の夜、タイで3日分の食事代とも思える料金のカイピリーニャを飲んだ。優勝の余韻はいつまでも続いていた。この日ずっと岩政選手のチャントを口ずさんでいた。イーワーマサ、おーお!




写真は初めてタイを訪れた2008年のもの。
a small, good thing
ENJOY SHOWER
2014.10.24 Friday - comments(0)
2008/06/14の写真。
 

2014/10/12の写真。


タイのシャワールームにはよくあるシールなのか。一気に懐かしさがこみ上げた。
a small, good thing
優勝の瞬間
2014.10.24 Friday - comments(0)


みんなで作った横断幕は、スタジアムでだいぶ注目を集めて、たくさんのメディアにカメラを向けられた。ちょっと大きすぎたと思った横断幕も、スタジアムではすごく小さく見えて、やっぱり「岩政大樹」とフルネームで作りたかったねと話した。

この日、岩政選手が所属するBECテロ・サーサナは、強豪ブリーラム・ユナイテッドFCに2-0で勝利して、優勝した! 10年所属した鹿島アントラーズを退団して、異国で戦う岩政選手がようやく手にしたタイトルだ。このとびきりな瞬間に立ち会えたことが心からうれしくて、声が枯れるまで「イワマサー!」「おめでとうー!」と叫んだ。

スタジアムを出てからも「それはなんて書いてあるの?」と横断幕について何度も声をかけられた。「日本語でイワマサって書いてあるんだよ」と言うと、ほとんどのサポーターが「おおお、ダイキ!」「ダイキは素晴らしい選手だ!」と、表情を明るくした。お互いの心が一気に近づいて、スタジアムに人気がなくなるまで代わる代わる写真を撮った。それを見ていた警備員さんが近づいてきて、「早く帰れ!」と怒られるかと身構えていると、「(写真を)撮ってあげようか?」とやさしく声をかけてきたのだった。タイの人には、今回もまたあちこちで親切にしてもらった。

駅に向かう途中、負けたブリーラムのサポーターから「テロ、おめでとう」と何度も声をかけられた。悔しいはずの相手チームが、試合直後にそう言えるのは本当に素晴らしい。

ブラジルワールドカップの教訓、「準備はしすぎた方がいい」。横断幕ひとつで、国境を越えて心がつながる瞬間がいくつも訪れて楽しさが増した。名古屋から合流した友人は、これが人生初のサッカー観戦となった。タイのサッカー、そして優勝という最高の瞬間をいきなり味わってしまった彼女のこれからのサッカー人生が楽しみで仕方がない。お気に入りの内田選手を応援にドイツへ行くのも時間の問題のような気がする。


岩政大樹オフィシャルブログ「No Pain No Gain」 - いざ決戦
岩政大樹オフィシャルブログ「No Pain No Gain」 - カップ戦 決勝戦(速報)
岩政大樹オフィシャルブログ「No Pain No Gain」 - 優勝






a small, good thing
マスコット
2014.10.24 Friday - comments(0)
バンコク市内、ナショナルスタジアムにBECテロ・サーサナのマスコットがいた。こういうのは好きか嫌いかで言えば、大好きだ!



でも、やるなら最後までやってほしい。とても暑い日だったけど。
a small, good thing
<< 2 / 68 >>
[ - ]  RSS1.0 / Atom0.3
ENTRIES
TWITTER
CATEGORY
ARCHIVES